モテる男が意識する

性感染症予防のための8つの習慣

PREVENT FROM SEXUALLY TRANSMITTED DISEASES

*このページは風俗を利用される男性へ向けた内容で構成されています。性風俗業従事者の方たちが、ストレスなく働ける環境を作るためにも、このページの拡散にご協力をお願いいたします。 風俗技術美容支援センター

男が率先して性感染症を予防する時代

男性の皆様は、性感染症(STD)が『風俗』によって感染するイメージをお持ちでしょうか?​

実はプロの性風俗業従事者ほど、定期的な検査を受けており非常に安全です。むしろ、パパ活や援助交際など素人の一般女性から性病が感染するケースがとても増えています。

性感染症は自覚症状があるとは限らない病気ですので、実はあなたがすでに感染しているかもしれません。

あなたが感染源にならないためにも、普段から性感染症予防の意識を高く持つことがとても大切です。では、予防するために、あなたは何に気を付ければよいのでしょうか? 

性感染症の予防意識が高い男性は、性風俗業従事者の女性たちにとても好かれます。

逆に、性感染症に対し無関心な男性は、女性から高確率で嫌われます。

もしあなたが風俗店で最高のサービスを受けたいのなら、性感染症の予防法について8つのことを知っておくとよいでしょう。それでは、ご説明いたします。​

性感染症について知っておくべき『8つの事実』

1.性感染症は誰もがかかる

性的行為によって病原体が皮膚や粘膜から感染すれば、誰もが性感染症に感染します。

自分だけは大丈夫、と思うのは間違いであり、誰もが感染するのがSTD、性感染症です。性器や喉に違和感を感じたら、早めに検査を受けましょう。

もしあなたが性感染症に罹患したからといって、人生が終わるわけではありません。病院で治療をすれば完治します。

大事なことは、あなたから感染が拡大しないこと。できれば、パートナーが変わるごと、もしくは指名する風俗嬢が変わるごとに検査を受けることが望ましいでしょう。

2.定期的な検査で早期発見

性感染症にかかった場合、

□ 男性 ⇒ 生殖器の皮膚や亀頭部粘膜の病変、その他、尿道炎、睾丸炎、前立腺炎などが起きる。

□ 女性 ⇒ 外陰部皮膚や小陰唇周囲の病変、尿道炎、膀胱炎、膣炎、子宮頸管炎症、卵管炎、骨盤腹膜炎などが起きる。

しかし、必ずしも自覚症状があるとは限らないのが性感染症です。自覚症状が出たときには「時すでに遅し」ということが多々あります。

感染に気が付きにくいケースだと、淋病、クラミジア、梅毒、性器ヘルペス、ヒト・パピローマ・ウイルス、尖圭コンジローム、トリコモナスなどがあるため、定期的な検査を受けることが最も重要です理想は1ヶ月に1回です。

3.ピンポン感染を防ぐ

性感染症の治療中に風俗へ行く男性がいますが、風俗嬢へピンポン感染させる恐れがありますので絶対にやめること。

移された風俗嬢を媒介し別の男性へと感染が拡大すれば、それはとても不幸なことです。治療中は風俗へ行かない、風俗遊びは治療が完治してから!これを必ず守りましょう。

4.女性から性感染症を指摘されたら

風俗嬢から性感染症を指摘されたことはありませんか? この時、決して女性に対し怒りを感じてはいけません。女性はあなたの体が心配でアドバイスしているのですから。

もしサービス中に性感染症を指摘されたら、速やかに病院へ行き検査を受けること。そして、指摘してくれた女性に感謝し、できれば治療後に指名して「完治したよ。あの時は有難う!」とお礼を言うのがよいでしょう。

*風俗嬢から性感染症を指摘されたことのある複数の男性にアンケートをとったところ、行動に移す方は非常に少ない。しかし、高い技術と指名率を持つ人気女性から指摘された男性は、病院へ行き検査を受ける傾向にあるようです。

5.女性を安心させてあげる

コンドームは避妊の役目がありますが、実は性感染症の予防に大きな効果を発揮します。女性と性行為する時は、必ずコンドームを使用すること。これを守ることで女性に安心感を与えます。

さらに女性を安心させるためには、プレー前の歯磨きと『イソジンでのうがい』です。イソジンに性感染症を予防する効果はありませんが、感染リスクを抑える効果は期待できる。

もっと女性を安心させたい方は、イソジンを自身の性器に軽くかけ消毒するのもおススメです。ただし、強くしみた場合は性感染症の恐れがあるためすぐに病院へ行くこと。

6.予防意識の高い女性/お店を選ぶ

ここまで読んで頂いた方は、男性が定期的に検査へ行くことの重要性を理解したはず。

最後に気を付けることは、あなたが大好きな女性がきちんと定期検査を受けているかどうか確認することです

意識の高い風俗嬢はお客様へ不安を与えないため、プロフィール欄や写メ日記に定期検査日の詳細を載せたり、あなたへ検査のことを報告します。

もし指名する女性が何の情報も公開していないのなら、検査を受けているかどうか女性へ直接尋ねてみましょう。(検査を一度も受けたことがない女性を指名するのは非常にリスキーです)

あなたは性感染症の予防意識の低い女性から、サービスを受けたいでしょうか?安心してサービスを受けるには、性感染症予防について意識の高い女性/お店を選びましょう。

7.マンズリはNG

もしあなたがデリヘルを利用する場合、女性から『マンズリ』を受けていませんか?

マンズリとは互いの生殖器をこすり合わせる性技術。ヘルスではNG行為であり、性感染症の感染リスクを高めます。もし女性側が気づかずにマンズリを行っていたら、すぐに行為をやめてもらい、スマタに切り替えてもらいましょう。

逆に男性側から女性へマンズリをお願いすることは、本番を強要することと同じくらい嫌われる行為です。女性のプライドをひどく傷つけますので、マンズリをお願いしてはいけません。

8.病院へ行こう(東京)

・新宿クリニック

http://www.yoboukai-shinjuku.jp/

・東京プレイヤーズクリニック(AV業界の人は格安で検査が可能)

https://www.tokyo-players.com/av/

・その他の病院一覧(医療法人社団予防会)

http://www.yoboukai.jp/

・厚生労働省の性感染症相談窓口

TEL 03-5276-9337(午前9時~午後5時)

いかがでしたか?

性感染症がとても身近な病気だと理解して頂けたと思います。

これからは風俗を利用する男性が率先して性感染症を予防する時代。性風俗産業従事者の女性たちを守ることで、彼女たちはプロの技術とサービスで応えてくれます。

今回のコラムがあなたの健康と充実した性生活を送る参考になれば幸いです。

風俗技術美容支援センター

講師一同

© 2020 fuuzoku gijutu shien center