• FGSC代表 貝瀬アツヤ

お尻ニキビの予防・改善法について

最終更新: 8月13日

『美しいヒップ』はバスト以上に自身の魅力をアップさせてくれる重要なパーツ。


しかし、お尻にニキビがたくさんある状態では、せっかくの魅力が半減してしまいます。 


今回はお尻ニキビの予防と改善法についてご紹介致します。




◆お尻ニキビについて


頻繁にお尻ニキビが出来る人には共通点があり、まずはその点を把握することから始めていきましょう。代表的なものがこちらです。


・シャンプー/石鹸/入浴剤の洗い残し

・入浴後の保湿不足(弱酸性の問題)

・動物性脂肪、乳製品、遅発性アレルギー食品の過剰摂取

・ダイエットによる栄養失調(ミネラル・ビタミン・アミノ酸不足)

・睡眠不足、慢性疲労

・運動不足による血行不良

・下着の問題(デザイン重視による締め付け)

・ストレス

・ジェニタルエリアの筋緊張、ホルモンバランスの乱れ

・排便後の拭き方と間違った手洗い(大腸菌の問題) など。


お心当たりのあるものはございませんか?



◆基本的なお尻のケア/入浴編


<ご自宅での入浴後>


1.浴室から出る前、しっかりとお尻全体をシャワーで洗い流すこと

*洗浄力の強い石鹸/ボディソープの使用はNG

2.浴室から出た後、すぐに化粧水で保湿。高濃度のビタミンが配合された化粧水で優しくパッティグしながら塗布。これを2、3回繰り返す。

3.美容液/ボディクリーム/再生クリームなどを塗布

*香料の強いボディクリームの使用はNG

4.ヒップを優しく包み込むタイプのショーツを着用

5.冬は加湿器を付け乾燥を防ぐこと


<温泉>

1.入浴中は肩まで湯につかり、自分の手で優しく滑るようにバスト&ヒップをマッサージ(溶けて柔らかくなった角質を剥がす)

2.入浴後はお顔や体についた温泉成分をしっかりとシャワーで洗い流し、化粧水や美容液で保湿すること

3.「飲泉可能な温泉水」で水分補給する。温泉に含まれる硫黄は最高の美肌サプリメント!


温泉の成分である酸やアルカリは余分な角質を溶かし、お肌をツルツルにします。しかし、温泉から出た後にシャワーを浴びないということは、その成分を肌に残し、(就寝中も)徐々に肌を溶かすことになります。その結果、かゆみを招き、翌日はひどい乾燥肌や赤ら顔となり小ジワやニキビを増やす原因となるのです。


ひどい乾燥は皮脂の分泌を促し、お尻ニキビを増やす原因となります。温泉から出た後は、お顔だけでなくお尻にもシャワーをしっかり浴びて、温泉成分を洗い流すことを忘れないようにしましょう。



いかがでしたか? 


お尻やバストは紫外線によるダメージをあまり受けない部分です。適切なケアをして、確実に美しいヒップ作りに励んでくださいね。


ちなみに、人間の体は80%の水分で構成されています。水分の摂取が足りない状態では、なんとバスト&ヒップが下垂してしまうのです。


基本のケアと一緒に水分補給もお忘れなく。



#風俗 #デリケートゾーン #風俗セミナー #風俗嬢 #性感 #回春 #睾丸マッサージ #風俗エステ #生殖器 #セックス #性病

4回の閲覧

© 2020 fuuzoku gijutu shien center